アパート構造

木造アパート(軸組工法)

「在来工法」とも呼ばれ、日本人に最も信頼度の高い伝統的な工法です。柱や梁で建物を支える構造で、耐震性や経済性にも優れており修繕や増築がしやすい等のたくさんのメリットがあります。当社では、すべて無垢材を使用することによって建物の強度を高めています。また、柱で使用するヒノキ材は、その効能から体にもよいと言われています。

アパート構造イメージ 
        
 
骨組み
骨組
当社で使用する構造材は、加工を機械化された工場で行い、加工精度、部材の安全性・耐久性を厳しくチェックしています。部材の接合部には国が定める構造方法で緊結します。

鉄筋コンクリートベタ基礎

基礎工程基礎の立ち上がりだけでなく底面一面が鉄筋コンク リートになっている基礎です。建物の荷重を底板全体で受け止め、面で建物を支える構造になっている ため地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃が します。また、床下をコンクリートで覆うのでシロアリ を防いだり、基礎下全面に防湿シートを敷きこみ、地面からの水蒸気を防ぐ効果もあります。



重量鉄骨アパート(ラーメン構造)

柱の梁で骨組みを構成し、接合部をがっちりと剛接合したもの。地震や台風に強く大型建造物にも広く使われる信頼性の高い構造です。間仕切りの自由度が高く、広い間取りができる、窓の配置が自由になるなどの利点があります。
鉄筋骨組み
 
ボルト接合
ボルト接合
ラーメン構造では、柱・梁接合部の強度が建物
の耐震性能を大きく左右します。当社では高強
度・高品質のボルトを使用しています。
柱脚部分
柱脚部分
 高い張力を誇るアンカーボルトを使用。
基礎と柱を一体化し、建物を足元から
支えています。

鉄筋コンクリート独立基礎

独立基礎1独立基礎2

独立基礎は、コンクリートを直方体などの形状に固めたものが一般的で、建物の四隅や柱の真下など、構造的に荷重がかかる位置に単独で設置します。この独立基礎を地中梁で連結し建物を支えます。強度があり耐久性・耐水性に優れています。

外壁・界壁

外壁
外壁
外壁材は、10年保証(塗装・赤錆)に対応し優れた耐久性を持つ16mmの窯業系サイディングを採用しています。日本住宅性能表示制度の4等級に対応する不燃材として国土交通大臣の認定を受けています。また、内壁の石膏ボードとの組み合わせにより防火構造、1時間準耐火構造の認定も取得しています。
施工法は、雨水の侵入防止、優れた防露性などを発揮する外壁通気構法を採用しています。住まいの高気密化が進むことで壁体内部に生ずる結露が問題となりますが、外壁通気構法は防湿層が室内からの湿気を防ぎ、さらに空気層の空気の流れにより壁内に残ったわずかな湿気も外部に排出します。

各住戸の境界は、中心に100mm厚の吸音断熱材グラスウール、両面から厚さ12.5mmの石膏ボードを二重貼りした壁になっています。この構造は、国土交通省の建設省告示1380号にて1時間準耐火構造、1827号にて遮音性能を有する構造に認定されています。
さらに当社では、樹脂製の遮音シートを両面から界壁全体に貼り詰め、隣戸からの生活音を防いでいます。
界壁
界壁
注文住宅について土地活用について
見学会・相談会についてその他のお問合せ