注文住宅の構造

木造軸組工法

骨組
骨組
骨組
骨組
接合金物
接合金物
当社の注文住宅は木造軸組工法を採用しています。「在来工法」とも呼ばれ、日本人に最も信頼度の高い伝統的な工法です。柱や梁で建物を支える構造で耐震性や経済性にも優れており、修繕や増築がしやすいなど、たくさんのメリットがあります。
当社では、すべて無垢材を使用することによって建物の強度を高めています。また、柱で使用するヒノキ材は、その効能から体にもよいと言われています。

鉄筋コンクリートベタ基礎

配筋
配筋
基礎
基礎
べた基礎とは、基礎の立ち上がりだけでなく底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。建物の荷重を底板全体で受け止め、面で建物を支える構造に なっているため地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃します。床下をコンクリートで覆うのでシロアリを防いだり、基礎下全面に防湿シートを敷きこみ地面 からの湿気を防ぐ効果もあります。
注文住宅について土地活用について
見学会・相談会についてその他のお問合せ