HOME > サンエムのアパート経営づくり
お客様定着率98.3%の実績

アパートの建設会社には、建物の企画から建設後の入居管理や家賃保証など、アパートの運営全般を担う「一括借上げ方式」と、建設だけで入居管理など後のことを外部業者に引き継がせる「アウトソーシング方式」の二つがあります。
サンエムは「長期一括借上げ方式」を採用し、毎月の家賃収入の保障から面倒な管理業務まで、すべてお任せいただいております。
また、建物の修繕維持業務も引き受ける「メンテナンスフリーシステム」を採用していることも大きな特徴です。毎月定額の手数料をお支払いいただくことで、外壁の塗替えや設備の交換や取替えなどを当社が責任をもって行います。オーナー様は修繕費用を積み立てる必要がなく、急な出費の心配もありません。

累計実績は現在1500戸にのぼりますが、オーナー様とのお付き合いは長期にわたり、管理契約の途中解約はほとんどないことがオーナー様の満足度を測るうえでサンエムの大きな自信になっています。

長期にわたる安定収入源として

長期にわたる安定収入源として

オーナー様は毎月安定した家賃収入を長期に渡って得ることができます。老後の生活資金確保を目的とした私的年金ともなりえるわけです。また、家賃は物価などの上昇に合わせて価値が変動するためインフレにも強いと言われています。
サンエムでは、オーナー様の建設するアパートを一括して借り上げる「長期一括借上げシステム」を採用しています。毎月の家賃収入が保障され、空室による家賃の目減りの心配もありません。また、このシステムには管理業務もセットされているため、オーナー様と入居者が直接関わることがなく、入居者管理の煩わしさとも無縁です。

アパート建設の節税効果とは

お持ちの土地にアパート・マンションを建設することによって、固定資産税等の軽減措置を受けることができます。また、建設にともなう借入金がマイナス資産となり相続財産から差し引かれるうえに土地の評価も下がることから、相続税の節税対策としてもとても有効です。大切な資産である土地を守り、愛するご家族に資産を残すために、アパート建設は有効な手段の一つとなっています。

サンエムの節税について

他の土地活用法との比較

土地活用にはいろいろな方法があり、目的を考えて活用方法を選ぶことが大切です。
主に初期投資の大小、経営のしやすさ、収益性や節税効果などが選択の基準となります。その中においてアパート経営は総合的に優れた活用法と言えます。

活用例

形態

初期投資

収益の安定性固定資産税対策相続税対策

農地など

自己利用

駐車場・資材置場

土地貸し

一般定期借地

土地貸し

事業用定期借地

土地貸し
アパート・マンション物件貸し
貸店舗・貸倉庫物件貸し

サンエムならではの管理体制

サンエムが管理する物件は、当社が建設から携わった物件です。
一つ一つの物件の詳細はもちろんのこと、現在までの経過やオーナー様のお考えなど、すべて把握できています。そのため、入居仲介や管理業務においてはより迅速な対応が可能となります。また、想定外の事態にも、オーナー様をよく理解した上で、その立場に立って問題解決に当たります。

  • 入居者募集
    積極的に入居者募集を行い、審査のうえ契約手続きをします。
  • 家賃管理
    家賃の集金管理や滞納家賃催促、オーナー様への送金等行います。
  • 苦情処理
    入居者や建物近隣からの苦情等に対応、処理します。
  • 定期巡回
    定期的に物件を巡回し、オーナー様へ報告書を提出します。
  • 定期清掃
    建物の共用部分を定期的に清掃し、常に清潔に保ちます。
  • 退去立会
    退去時に立ち会い、敷金の清算や原状回復工事を行います。

サンエムのアパート経営管理システムについて
注文住宅について土地活用について
見学会・相談会についてその他のお問合せ